TryHard JAPAN

TryHard JAPAN GROUP

「コロナには負けない」 TryHard Japan代表 大付楽洋のメッセージ | ニュース

「コロナには負けない」 TryHard Japan代表 大付楽洋のメッセージ

「コロナには負けない」

TryHard Japan代表 大付楽洋のメッセージ

TryHard Japan GROUP関係各所、従業員の皆様、そして音楽を愛するすべての皆様へ

はじめに、新型コロナウイルス感染により苦しんでおられる方々にお見舞い申し上げるとともに、不幸にもお亡くなりになった方々、そのご親族に哀悼の意を捧げます。
また、世界各地で治療や感染予防に尽力されている方々には畏敬の念を抱かずにはいられません。

弊社は音楽をはじめとするエンターテイメントの力で人々に笑顔と感動をもたらすリーディングカンパニーを目指し、「感動の共有」は世界を一つにする何にも勝る力があると信じて活動を続けて参りました。
今回の地球規模での新型ウィルス感染拡大は、全世界の経済活動と社会生活を滞らせ、先の見えない不安な状態を余儀なくされています。
もちろん弊社も例外ではなく、人々の集いを制限されるという事は、企業活動の根幹が揺らぐどころか取り除かれてしまうも同義であり、創業以来最大の難関と言っても過言ではないでしょう。

ただ、これまで共にエンターテイメントを創出してきたアーティストの皆様や弊社の理念にご賛同いただいた多くの企業様、イベント制作を縁の下で支えて下さった数々のお取引業者様、そして社を大きく育んできた従業員の皆様のお力により、徐々にではありますが気持ちを切り替えて前へ進もうとしています。

この非常事態に、私たちグループが生業とする遊興事業は”不要不急”であるとされ、人が生きる上で優先されるものではないのだと痛感せざるを得ませんでした。しかしながら連日増え続けるウィルスによる死者を想う時、人の営みには心を豊かにするものが不可欠だと改めて気付かされるのです。
人生を終える時にはきっと、過去に心を動かした様々な出来事に想いを巡らすだろう、私たちの活動は微力ながらその一部になり得るのだと、今後の事業展開への励みにもなりました。この事態を悪くばかり捉えるのではなく、新しい挑戦をする転機と捉え、更なる飛躍の時なのだと信じます。

最悪に思えるこの事態を、意味あるものにできるかは其々の考え方次第だと思います。
混乱がすぐに終息するとは思いませんが、窮地を乗り越えた先にはより強靭な絆で結ばれた企業へと成長できるでしょう。

今は”家から出ない”事が医療従事者ではない私たちにできる命を守る唯一の行動です。
みんなで命を守りましょう。

株式会社TryHard Japan

代表取締役 大付 楽洋